本当に儲かる?出会い系アフィリエイト入門

出会い系アフィリエイトの承認率が悪い人、悪化した人の特徴

2011年頃から、2ちゃんねるやYahoo知恵袋などで

「出会い系アフィリエイトの承認率が一気に悪化した」
「審査がかなり厳しくなったようです」
「今月の承認率がついに20%を下回った」

という投稿が増えていったこともあり、今から出会い系のアフィリエイトを始めようかと悩んでいる方、または出会い系アフィリエイトは以前からやっていたけど、どうして2011年頃から急に承認率が悪くなったのか気になる方のために私がその原因を調べてみました。

はじめに言っておきますが、承認率が急激に悪くなったのはごく一部の人だけです。
もちろん各運営会社がアフィリエイトの成果に対する審査を厳しくしたのは事実としてあると思いますが、私や私がお世話になってるサイトの管理人さんに聞いても2009年から大して承認率は変わっていないのです。

色々調べてみて分かったのが、

承認率が下がっている人は出会い系をメインにしたコンテンツ作りにしていない

ということです。 2ちゃんねるに承認率が悪くなったと書いていた人の多くが1日PV(閲覧された回数)数十万PVクラスのサイトであることからそれが推測されます。
出会い系サイトの紹介をしていたのではなく、アダルトサイトに出会い系のアフィリエイトリンクを貼っていた可能性が高い、ということですね。

出会い系のブログだとそこまでアクセス数が多いはずがありません。
では具体的に出会い系をメインテーマにしたサイト作りをした時とアダルト系のサイト作りにした時とどうして承認率が変わるのか…それは

アクセスしたユーザーの質が全く違います。

出会い系サイトの紹介をメインにしたホームページやブログを作ると当然、「純粋に出会い系を使いたい人」がサイトを訪れてくれますから、ワクワクメールなどの出会い系に登録してくれた人の継続した利用率は相当高いはずです。

ではアダルトサイトはどうか? 「エッチな動画や画像を見るために訪れた人」がほとんどで、そこからたまたま気になった出会い系サイトに登録する人が非常に多くなるのが推測されます。

ノリと興味本位でサイトに登録しようとした人とガチで出会い系を使いたくて登録した人を比べると継続したサイト利用に差が生まれるのは当然で、アフィリエイトの承認率に差が出てくるのも納得です。
どこの出会い系サイトも承認されるかどうかのポイントは年齢確認を済ませるかどうかだと思いますが、興味本位で登録した人がそこまでしてサイトを使うか?と考えたとき、私はしないと思います。
だから運営会社が審査の見直しを図ったときに大きく承認率が落ちる人とあまり変わらない人の差が生まれるのだと推測します。

ワクワクメール、ハッピーメール、PCMAXなど大手が何故アフィリエイトの審査を強化したのか?
元出会い系サイトの運営者である私もこの審査に対する強化に思い当たる節があります。

それは次ページで記事にしていますので、気になる方はご覧になってみて下さい。

>>NEXT 各出会い系運営会社が一斉にアフィリエイト承認審査を強化した理由とは?

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system