本当に儲かる?出会い系アフィリエイト入門

アクセスアップのSEO対策

アクセスを制する者はアフィリエイトを制する…と言われるほど、アフィリエイトの収入増減に隣接するのがアクセス数です。

幸いにも出会い系アフィリエイトは他のジャンルと違って少ないアクセス数でも成果に繋がることが多く、単価も高いので比較的初心者にも楽に稼げますが、それでもアクセスは多いに越したことはありません。

ここではアクセスアップに繋がるといわれる効果の高いSEO対策を述べますが、「アクセスが伸びないときは」の記事でも書いたようにまず〝独自性の強いコンテンツを作っていることが前提〟となることを忘れないで下さい。
何か一つ、特化したコンテンツを用意しなければいくらSEO対策を行ったところで何の魅力もないサイトになり、アクセスが集まることはまずありません。
仮にアクセスが集まったとしても、直帰率が高いサイトになってしまうでしょう。

なのでまず独自性の強いコンテンツを作ってから、アクセスをアップさせる以下のSEO対策を試してみて下さい。
私もいろいろとSEO対策は施しましたが、やはり独自性の強いコンテンツが作れたときのアクセスに勝るSEO対策なんてありませんからね。

アクセスアップに繋がる有効なSEO対策は以下の通り

外部リンクは当サイトとジャンルが似てるページが多いほど良い

新しくホームページを作ったらまず最初に行うSEO対策として相互リンクがメインになると思います。
ただ誰かれ構わず相互リンクをしてもらったら自分のホームページの価値が上がるのか…というとそうではありません。
同じジャンルのホームページと相互リンクしてもらった時の方がSEO効果は断然に高いので、相互リンクを申し込むのならまず同じジャンルのホームページから始めていって下さい。

ページ内のリンクは基本的に100以下、更に外部リンク(発リンク)が少ないほどに有効

これは分類でいうと内部SEO対策にあたるものですが、自分のホームページは1ページ100リンク以下に抑えた方がいいと言われています。
特にトップページはリンクが多くなってしまいがちですが、多くなればスパムとして認識され、Google検索の圏外に飛び立つ可能性もありますので注意して下さい。
また、相互リンク集のページがリンク100件以上になるのも避けて下さい。
外部のホームページを宣伝するためにリンクを貼りまくると逆にSEOの効果が薄れてしまいます。
相互リンクを申し込んで、3ヶ月経っても相手方のサイトがリンクしてくれない&相手方のホームページの更新が止まってる場合は一度、自分のホームページからそのリンクを外した方がいいいでしょう。

ページランクの高いサイトからの被リンクは特に有効

相互リンクなどで獲得した被リンクがシンプルでSEO対策に有利ということは分かって頂けたと思いますが、WEBサイトにはページランクというものが存在します。
サイト毎に1~10までのランクがあるのですが、このランクが高いサイトからリンクしてもらえれば自分のホームページの価値はぐっと上がります。
個人で出せるランクの限界値は4くらいだと思いますが、例えば全くジャンルが異なるページランク7のサイトから被リンクを受けた場合と、同じジャンルのページランク3から受けた被リンクを比較すると、同じジャンルの方がSEO的に見て効果が高いと思われます。
相手方のサイトの発リンク状態によって変動しますが、基本的にはページランクよりも同じジャンルのサイトにリンクしてもらう事を心がけた方がいいでしょう。
ページランクが高くて同じジャンルならそれに越した事はありませんけどね!

<strong>と<b>を使い分けて強調したい部分を作る

<strong>を使って強調した文章は大切なキーワードとしてGoogleに認識してもらえますが、そのページに沢山<strong>が使われていればその分、キーワードに対しての重要性が薄れてしまいます。
SEO対策として太文字にしたい場合と読者に読みやすくするために太文字にしたい場合、これらで<strong>と<b>を使い分けると効果的でしょう。
<title>で使われてるキーワードには<strong>を使って、それ以外の太文字は<b>にすると読者にとってもSEO対策の面でもいいと思います。

トップページ以外のすべての下階層のページにはトップページに戻るためのURLリンクを作る

これも内部SEO対策にあたるものですが、全てのページにトップページに戻るためのリンクを作って下さい。
相互リンクのように外部のホームページからリンクを貼ってもらうとSEO対策になるように、自分のサイト内でも同じことが言えるのです。
各ページにトップページに戻るリンクを作成すればその分、トップページへの内部リンクが増えることになります。
その際、「index.html」でトップページに繋げるのではなく、「http://○○.com/」のサイトURLをリンクにした方が有効なSEO対策になりますので、ご注意下さい。

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system